年齢別(タイプ別)説明ページ

赤ちゃん・乳児 半年~1歳
(離乳食を始めて少したった頃)

赤ちゃんや乳児のお子さまが、すりおろしのリンゴを食べれるようになった頃には、つるっとファイバーをお召し上がられてもまったく問題はありません。
ゼリーにして食べさせてあげてください。1回に食べる量は、お子様の食べれる量だけで結構です。1日の目安としての量は、半袋~1袋が目安です。これ以上食べ過ぎても食品ですので問題ありません。お子さまの食欲に合わせて量を加減ください。

乳幼児 1歳~2歳
(よちよち歩きをし始めたころ、食事を普通に食べた始めたころ)

普通にご飯を食べるようになった頃には、飲ませ方はお子様の好きな食べ方で結構です。ゼリータイプの方が食べやすい傾向にあります。
1日の目安としての量は、1袋が目安です。これ以上食べ過ぎても食品ですので問題はありませんが、食べ過ぎることにより食物繊維によりお腹が張った感じになる事があります。お腹の張りは一時的なものですので、ウンチが出れば改善すると思います。

幼児・園児 3歳~6歳
(幼稚園、保育園のお子様)

お子様の好き嫌いなどで、便秘しやすくなります。野菜を1日3回、毎日しっかり食べれくれれば便秘はしにくいのですが、食事を作るお母様も、食べてくれるお子様も、なかなか毎日は続きません。
つるっとファイバーなら手軽に食物繊維が補え、乳酸菌で腸のバランスを整えてくれるので、お子様のお悩みがスッキリします。飲み方はお子様が好きなお召し上がり方で結構です。ゼリータイプが人気です。量も食事の内容により加減いただいても結構です。目安は1日1袋~2袋としてますが、食事量の少ない方、野菜不足な方、体が大きくて食事量も多い方は量を1日3袋に増やしても問題ありません。

小学生

小学生のお子様は、1日2~4袋を目安に飲んでいただいております。もちろん低学年で体の小さなお子様であれば、少し量を減らされても問題ありません。あくまでも目安ですので、体の大きな方、1日の野菜などの摂取量が少ない方は、つるっとファイバーを3袋お召し上がられても差し支えありません。
おやつ代わりに食べられるお子様もいらっしゃいます。学校から帰ってきて、お腹が空いていますがお菓子を食べるより、つるっとファイバーのジュースタイプや、ゼリーにしていて食べていたほうがお子様の健康にもいいと思います。

中学生~大人

中学生くらいのお子様より、2袋~6袋を目安にしています。まずは1日2袋からお試しいただいて、変化が感じにくい場合は量を増やしてみてください。
お子様以外にも、お母さん、お父さんの便秘のお悩みにもお勧めです。またご両親が飲んでいるとお子様のほうから飲みたくなるようです。
それと、お年寄りの方の便秘にも、すごくお勧めです。お年寄りの便秘は、食べる量が減ることにより、繊維質の低下を招き、便を押し出すウンチの量が減り出にくくなっていることも多いようです。

年齢別説明メニューに戻る
1箱のご注文は
click!
つるっとファイバー1箱
6,480(税込+ 送料
送料無料の2箱ご注文は
click!
つるっとファイバー2箱
12,960(税込)送料
無料